【音声】母音と子音『調音法と調音点』『音声記号』『口蓋化』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

今日は音声の分野の勉強です。

(あと一週間切ってるのに・・大丈夫?👉自分)

実はこの分野は結構好きなんですよね。

タイ語ベトナム語を勉強してると・・・日本語には無い調音法があることに気が付けたり、それ故に学習者が苦手な発音が理解できたりして、結構面白いです。

自分が英語の発音をうまくできなかったのにも納得~。。。

 

語学を勉強してる人にとっては興味深い分野なんじゃないかと思います。

やっぱり自分が興味があることって頭にも入りやすい気がします!

得意分野にして・・・しっかり点数稼げるようにしたいです(笑)

 

 

 

 

音の作られ方・母音と子音

日本語のはどのように作られているのでしょうか。

音の材料となるものは空気の流れです。それが音声器官によって発声調音という加工をされることで出来上がります。

音声のもとになる空気の流れを、日本語の音はすべて肺から吐く呼気で作られます。

肺からの呼気は気管を経て喉頭に入ります。喉頭の中に左右1対の筋肉の塊である声帯があり、呼気に対して働きかけます。これを発声といいます。

 

有声音と無声音

声帯の間のすき間を声門といい、声門の状態が発声の違いをもたらします。

呼気は、声帯を振動させなければ、そのまま息として口や鼻から出ていきます。声帯を振動させるときは、声帯の振動の音を伴って出ていきます。この声帯の振動の音を音声学では声と呼んでいます。

この声帯の振動を伴った呼気で作られる音は「有声音」、伴わない単なる息で作られる音は「無声音」と呼ばれます。

 

調音

喉頭を出た呼気は咽頭に至り、口蓋垂(のどちんこ)の裏側にあたる口蓋帆咽頭壁に付け、鼻腔へ通路をふさぐ口腔から、鼻腔への通路を開けると鼻腔から呼気が出て音声となります。

喉頭より上の呼気の通り道を声道といいます。

舌や唇等の動きは、声道の形を変えたり、気流を妨害したりして様々な音を発音する役割を担います。そしてこれを「調音」といいます。

 

母音と子音の調音

日本語は、調音の違いで「母音」「子音」に分類できます。

母音は、声帯振動が加わった息を妨害せず、口の中に共鳴させるもので、有声音のみです。

子音は、息を喉や口の中のどこかで妨害して作り、無声音と有声音があります。

 

 

日本語の母音

母音は口の中(口腔)に妨害を作らずに、口腔内に声を共鳴させて作ります。

共鳴する口腔内での舌の位置や形の違いによって音が変化します。基本的にすべて有声音です。

 

母音の調音

母音の調音は3つの要素によって行われます。

 

舌の前後位置:前舌母音・後舌母音・中舌母音

前舌母音:中舌面が硬口蓋に向かって持ち上がる母音です。

後舌母音(奥舌母音):奥舌面が軟口蓋に向かって盛り上がる母音です。

中舌母音:舌の盛り上がる場所がその中間に位置する母音です。

母音が「前」「中」「後」かを定めるのは、舌の盛り上がりの頂点の位置を目安にして行われます。

 

舌の高さ:狭母音(高母音)・広母音(低母音)・半狭母音(半広母音・中母音)

狭母音(高母音):舌の高まりが高く、口の開きが狭い母音です。

広母音(低母音):舌の高まりが低く、口の開きが広い母音です。

半狭母音(半広母音・中母音):舌の高まりが中間の母音です。

 

唇の丸め(突き出し):円唇母音・非円唇母音

円唇母音:唇が丸められて前に付き出している母音です。

非円唇母音:唇が丸められていない母音です。

 

 

日本語の母音(ア・イ・ウ・エ・オ)

上記を基に、日本語の母音を分類すると、次のようになります。

ア[a]:非円唇性低母音(広母音)

イ[i]:非円唇性前舌高母音(狭母音)

ウ[ɯ]:非円唇性後舌高母音(狭母音)

エ[e]:非円唇性前舌中母音(半狭と半広の間)

オ[o]:円唇後舌中母音(半狭と半広の間)

※「ア」の母音の舌の前後位置は、変化するため前後位置を指定しません。

 

 

 

日本語の子音

子音は口腔内のどこかで呼気を妨害し、それによって音を作ります。

息の妨害によって音を作るので、無声音も有声音もあります

子音の違いを分ける要素は3つあり、「有声音か無声音(声帯振動の有無)」「息を妨害する位置(調音点)」「呼気の妨害方法(調音法)」になります。

それでは、調音点と、調音法について詳しくみていきます。

 

調音点

調音点とは、子音を作るために呼気を妨害する位置のことです。

基本的に呼気が妨害するため舌が接近または接触する上顎の調音器官の名前を用います。(両唇、唇歯、声門以外)

①唇

②歯

③歯茎(前歯の裏)

④口蓋(上顎全体を指す口の蓋)

⑤後部歯茎(歯茎の硬口蓋寄りの部分)

⑥歯茎硬口蓋(硬口蓋のうち、歯茎寄りの部分)

⑦硬口蓋(口蓋のうち、前歯の裏から口の頂点の奥歯あたりまで)

⑧軟口蓋(硬口蓋から後ろののどちんこまでのヒダヒダで柔らかい部分)

口蓋垂(のどちんこのあたり)

 

 

調音法

調音法とは、口腔内における呼気の妨害の方法で、通常その調音法で発音される音の名前を使います。

鼻音(ガ行・マ行・ナ行)※ガ行は鼻濁音

口の中を調音点で完全に閉鎖し、口蓋帆を下げて、鼻腔に声を伴った呼気が流れるように出す音です。

破裂音(カ行・ガ行・タ行・ダ行・パ行・バ行)※タ行とダ行は「チ・ツ・ヂ・ヅ」以外

口の中を調音点で完全に閉鎖し、その後開放していっきに息を出す、長くのばせない瞬間的な音です。

摩擦音(サ行・ザ行・ハ行)

口の中を調音点で狭めて、隙間に呼気を通す音で、息を吐くイメージの音です。

破擦音(ザ行・ツ・チ)※ザ行は語頭や「ン、ッ」の直後にきた場合

破裂音を出した直後に摩擦が起きる音です。

弾き音(ラ行)

調音点を舌が軽く1回叩くように触れて、弾く音です。

ふるえ音

調音点で下などを2回以上震わせる音です。

巻き舌の「ら行」などです。

側面接近音

舌が呼気の通過の中央を閉鎖し、舌の両脇から息を出す音です。

英語のLなどです。

接近音(半母音)(ヤ行・ワ行)

狭母音(イ・ウ)と同じ舌の状態が、持続せずにすぐ次の音に移り、子音のように働く音です。

 

 

日本語の音声記号・調音点&調音法・一覧表

 

国際音声記号IPA)で日本語の音声記号は次のようになります。

 

f:id:somutamu_musume3:20211018174614p:plain

色付きの音声は日本語には無い発音です。

日本語を学習する学習者の誤りも考慮して覚えておいた方がいい記号です。

 

 

音声記号と日本語の子音・調音点と調音法の組み合わせ

 

[k]   カクケコ:無声軟口蓋破裂音

[kʲ]  キ・キャ行:無声軟口蓋破裂音 (口蓋化)

[g]  ガグゲゴ:有声軟口蓋破裂音

[gʲ] ギ・ギャ行:有声軟口蓋破裂音 (口蓋化)

[ŋ]  ガグゲゴ:軟口蓋鼻音  (鼻濁音)

[ŋʲ] ギ・ギャ行:軟口蓋鼻音 (鼻濁音)(口蓋化)

[s]  サスセソ:無声歯茎摩擦音

[z]  ザスゼゾ:有声歯茎摩擦音

[dz]ザズセゾ:有声歯茎破擦音

[ɕ]  シ・シャ行:無声歯茎硬口蓋摩擦音 (口蓋化)

[∫]  シ・シャ行:無声後部歯茎摩擦音(日本語では歯茎硬口蓋と同じ音)(口蓋化)

[ʑ]  ジ・ジャ行:有声歯茎硬口蓋摩擦音 (口蓋化)

[ʒ]  ジ・ジャ行:有声後部歯茎摩擦音(日本語では歯茎硬口蓋と同じ音)(口蓋化)

[dʑ] ジ・ジャ行:有声歯茎硬口蓋破擦音 (口蓋化)

[dʒ] ジ・ジャ行:有声後部歯茎破擦音(日本語では歯茎硬口蓋と同じ音)(口蓋化)

[t]  タテト:無声歯茎破裂音

[d]  ダデド:有声歯茎破裂音

[tɕ]  チ・チャ行:無声硬口蓋破擦音 (口蓋化)

[t∫]  チ・チャ行:無声後部歯茎破擦音(日本語では歯茎硬口蓋と同じ音)(口蓋化)

[ts]  ツ:無声歯茎破擦音

[n]  ナヌネノ:歯茎鼻音

[ɲ]  二・ニャ行:歯茎硬口蓋鼻音 (口蓋化)

[h]  ハヘホ:無声声門摩擦音

[ç]  ヒ・ヒャ行:無声硬口蓋摩擦音 (口蓋化)

[Φ] フ:無声両唇摩擦音 (歴史的発音の名残りで両唇となる)

[p]  パプペポ:無声両唇破裂音

[pʲ] ピ・ピャ行:無声両唇破裂音 (口蓋化)

[m] マムメモ:両唇鼻音

[mʲ]ミ・ミャ行:両唇鼻音 (口蓋化)

[j]   ヤ行:硬口蓋接近音

[ɾ]   ラルレロ:歯茎弾き音

[ɾʲ]  リ・リャ行:歯茎弾き音 (口蓋化)

[ɰ] ワ行:軟口蓋接近音(簡易的にwで示されることも多い)

[N]  ン:口蓋垂鼻音 (「ン」には異音があるため、後続音がない場合)

 

 

イ行の口蓋化

上の一覧表を見ると分かるように、イの段の子音は、次に来る母音イが舌が硬口蓋に盛り上がる前舌高母音なので、その影響により母音イの形を準備するため、口蓋化します。

この口蓋化した子音は、それぞれの行の拗音にも現れます。

口蓋化すると、舌が調音点に関わる子音では、調音点が硬口蓋の方にずれます

ラ行を除く歯茎音では調音点が、硬口蓋の全部までずれて、歯茎硬口蓋になります。歯茎音以外は調音点の名前の変更はなく、音声記号も右上に小さく「j」を付けて表します。

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::

調音点と調音法・・・あとは口腔断面図もしっかり頭に叩き込んでおきましょう!

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

 

沖縄でSAPPORO・冬物語

f:id:somutamu_musume3:20211018180729j:plain

もう世間では冬限定ビールが発売!

沖縄ではまだまだ海でビールも飲めます🍻 シアワセ~🌊

沖縄だからこそできるコラボ☆☆☆海で冬のビールを~♪

 

そんな沖縄も・・・日曜日から気温がガクっと下がりました💦

さ、寒い!

 

試験に向けて体調管理もしっかりせねばですね!

 

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日??

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【社会・文化・地域】日本語の試験『日本能力試験』『日本留学試験』『BJTビジネス日本語能力テスト』『OPI』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

なんだか今日はやる気がでない・・・なんか集中できない、心がソワソワ落ち着かない・・・そんな日ってありませんか?

あります!

まさにそんな今日です。

自分の傾向として・・・仕事やプライベートでモヤモヤな出来事が起きると、勉強のモチベーションに支障をきたします(+_+)

 

なんとかスイッチを入れて。。。💪

 

 

 

 

 

日本語日本語教育関連の試験の種類

現在、日本国内、海外で実施されている日本語関連の能力テストのうち、学習者向けのテストとして代表的なものには、日本語能力試験」「日本語留学試験」「BJTビジネス日本語能力テスト」「OPIなどがあります。

日本語教師志望者や現役教師向けのテストとしては、日本語教育能力検定試験があります。

学習者向けの、それぞれの試験の特徴をまとめてみていきたいと思います!

 

 

日本語能力試験(日能試、JLPT)

日本語能力試験とは、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し、認定する試験です。

1984年に開始し、当初の受験者数は全世界で7,000人ほどでしたが、2011年の受験者数は全世界で約61万人にのぼり、世界最大規模の日本語の試験となっています。

 

運営機関

国内:公益財団法人日本国際教育支援協会

海外:独立行政法人国際交流基金

 

実施時期

国内:7月と12月の年2回実施。

海外:年2回もしくは1回実施。

 

特徴・認定レベル

認定レベルは、N1、N2、N3、N4、N5の5段階です。

因みに、2010年以前は1級、2級、3級、4級の4段階でした。

 

・N1=旧1級レベルだが若干高め

幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。

・N2=旧2級レベル

日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。

・N3=旧2級と旧3級の中間レベル(新設)

日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる。

・N4=旧3級レベル

基本的な日本語を理解することができる。

・N5=旧4級レベル

基本的な日本語をある適度理解することができる。

 

それぞれのレベルの合格者が日本語を使ってできる言語行動をリストアップした、「Can-doリスト」を策定し、認定の目安が提示されています。

成績表示は、各回の問題の難易度に得点が左右されないように、素点ではなく、得点等化された尺度点で表されています。

2002年度までは、事実上、留学生の大学入試の一部に組み込まれており、国立大学を受験する外国人は、1級合格が1つの条件とされていました。

2002年から日本語留学試験が実施され、これに伴い日本語能力試験は大学入学選抜との関係は解消されました。

また日本語能力を公的に証明するテストとして、高度人材ポイント制において、N1およびN2合格でポイントを得ることができます。

(N1合格者は15点、N2合格者は10点加算)

高度人材ポイント制とは、高度外国人の活動内容を3つに分類し、それぞれの特性に応じ項目ごとにポイントを設け、ポイントの合計が70点に達した場合、出入国管理上の優遇装置を与える制度です。

 

 

 

日本留学試験(EJU)

日本留学試験とは、私費留学希望者に対する大学入学のための選考試験です。

 

運営機関

国内・海外:独立行政法人日本学生支援機構

実施時期

国内・海外:年2回実施。

 

特徴・認定レベル・試験科目

受験者は複数年・複数回の受験が可能で、どの回の成績を大学に通知するかも自分で選択できます。

各回の問題の難易度に受験の点数が左右されないよう、日本語能力試験と同様に、得点は得点等化された尺度点で表示されます。

大学入学後の学習・研究活動に必要な日本語力、すなわち「アカデミック・ジャパニーズ」の力を測る日本語の試験と、学科試験からなります。

日本語と数学は文型・理系の共通科目であるが、文系志望者にはその他に総合科目(政治・経済・地理・歴史)が、理系志望者には理科が加わります。

日本語科目以外は、英語での受験も可能です。

日本語科目は、「聴解・聴読解」「読解」および産出能力を見る「記述」の3領域にわかれています。

海外での試験実施で中国を除くアジアの多数の国々では、自国にいながら受験が可能になったことに加え、渡日前に入学許可がもらえたり、奨学金の予約ができるようになりました。

 

 

 

BJTビジネス日本語能力テスト(BJT:Business Japanese Proficiency Test)

BJTビジネス日本語能力テストとは、実用的なビジネス日本語能力を測る、外国人ビジネス関係者向けの公的な日本語能力テストです。

 

運営機関

国内・海外:公益財団法人日本漢字能力検定協会

(1996年~2008年度までは、独立行政法人日本貿易復興機構:JETROが実施)

受験方法

インターネットからの申し込みで、国内海外ともに受験生の都合に応じて日時と会場(テストセンター)を選ぶことができます。(ほぼ毎日実施)

一度受験すると、次の受験までに3ヶ月空ける必要がありますが、何度でも挑戦できます。

 

特徴・認定レベル・試験科目

試験の結果は、合否判定ではなく0点~800点までのテストスコアと点数に応じたJ5~J1+の6段階のレベルで評価します。

受験者の能力に変化がない限り、何度受験しても同程度のスコアになるように設計されており、能力の向上を細かく確認できます。

またスコアの他に、聴解・聴読解・読解の各部門別のランクが記載されます。部門ごとに、IRT(項目応答理論)に基づいた統計処理によって「能力値」を算出しています。

 

・J1+(600~800点)

どのようなビジネス場面でも日本語による十分なコミュニケーション能力がある。

・J1(530~599点)

幅広いビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある。

・J2(420~529点)

限られたビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある。

・J3(320~419点)

限られたビジネス場面で日本語によるある程度のコミュニケーション能力がある。

・J4(200~319点)

限られたビジネス場面で日本語による最低限のコミュニケーション能力がある。

J5(0~199点)

日本語によるビジネスコミュニケーション能力はほとんどない。

 

日本語能力試験と同様にBTJも高度人材ポイント制で特別加算されます。

(480点以上で15点、400点以上で10点)

 

 

OPI:Oral Proficiency Interview(ACTFL-OPI

ACTFL-OPIとは、アクトフルが開発した外国語の口頭運用能力を測定するための、インタビューテストのことです。

定期的ではなく任意に実施されます。

 

特徴・認定レベル

初級・中級・上級・超級の4レベルがありますが、超級を除き各レベルはさらに上・中・下の3段階に分かれます。

「機能・タスク」「場面・話題」「テキストの型」「正確さ」の4つの観点から各レベルの判定基準が提示されています。

テスターと呼ばれる、正規のトレーニングを受け手ACTFLに資格認定された人が、最長30分間のインタビューとロールプレイを行い、基準と照合しながら受験者の能力の下限(レベルチェック)と上限(突き上げ)を見極めて、レベル判定をします。

 

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

 

今年初・秋刀魚の塩焼き

f:id:somutamu_musume3:20211017161333j:plain

やっと手の届くお値段になってきた秋刀魚です。

今年初めて食べました。王道の塩焼きに、シークワーサーを絞って!

 

小ぶりながらとってもまーさん☆

 

旬のものは美味しい!

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日??

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【言語と教育】評価・テストの条件『妥当性』『信頼性』『有用性』『真正性』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

f:id:somutamu_musume3:20211016054459j:plain

昨日は今年最後になるかも・・・と思い、レンタサイクルで大度浜海岸へ行ってきました🌊

なんと、またウミガメに遭遇しました!!

今年2度目です。今回出会った子もおそらく子亀でした。

 

とにかくカワイイんです!

ゆらゆら~と泳いでる姿を見ながら追いかけていくんですが、、、とても癒されます。

そして何とも言えない神秘的な光景なんですよ。

 

途中で見失ってしまったんですが(付いて行けず・・・)、このまま竜宮城へ連れていってくれそうでした✨

 

 

勉強はかどってないけど(^^; 思い切って行って良かったです🐢

 

昨日でいったん更新は終了なんてことを書いたんですが、少し方針変更(早すぎw)です。

今日はテスト関連の内容をもう少し追加していきたいと思います。

明日からも「まとめ」の内容ではないにしても、その日勉強した内容について更新していけたらと思っています。

 

 

 

 

 

よいテストの条件

よいテストの条件とは何でしょうか?

学習者の言語能力を測るためにも、テストの内容はとても重要です!

条件として、具体的には「妥当性」「信頼性」「有用性」について考える必要があります。

 

妥当性

妥当性とは、そのテストの作成目的である特定の目標を、実際にどの程度的確に捉えているかの度合いです。

妥当性には以下の3種類があります

 

内容的妥当性

そのテストの問題の内容が、測定対象を含んでいるかどうかです。(これ当然ですよね!)

動詞の活用について理解できているかどうかを問うテストで、内容が動詞のテンスを問う問題だったらそれは妥当性が低いと言えます。

また測定対象となる範囲から偏りなく適切に出題されているかも重要です。

 

基準関連妥当性

そのテストの成績が、そのテストにとっての外的基準となる他の尺度の成績とどの程度関連しているかどうかです。

関連する別のテストの結果の得点と相関が高ければ、基準関連妥当性が高いといえます。

 

構成概念的妥当性

これは少し説明が難しい・・・。

そのテストが根源的に何を測っているのかを明らかにしようとすることで、測定しようとする構成概念から予測されるようなことが実際に起こるか、ということに関する妥当性のことです。

測定する内容が、実際に言語を使用する場面をどれだけ反映しているかという「真正性」も重要になってきます。

 

 

信頼性

信頼性とは、そのテストが信頼できるかということです。

同じ測定対象に対して、同じ条件の元で、同じ結果が得られるかという一貫性、安定性の程度をみます。

信頼性を高めるためには、問題文の指示を明確にすることや、解答例を添えることなどがあります。

また、受験環境を同じにすること(音響条件など)や採点基準、採点方法の方針をあらかじめ決めておく必要もあります。

信頼性を測定する方法として、再テスト法と、平行テスト法があります。

 

再テスト法

同じ受験集団に対して対して同一のテストを2度実施する方法です。

 

平行テスト法

同じ受験集団に対して、難易度、質、量が同様のテストを重ねて実施する方法です。

 

 

客観性

客観性とは、異なる採点者が採点しても、採点結果が安定しているかどうかということです。

 

 

有用性(経済性)

有用性とは、そのテストが実施しやすいかどうかを問うものです。

効率性と実用性から見ます。

 

効率性

実施時間や手続きなど、実施が容易かどうかです。

 

実用性

費用、労力、設備など、経済的負担が大きすぎないか、実施がスムーズに行われるかどうかです。

 

 

 

日本語教育能力検定試験・過去問】・「テストの妥当性・信頼性・有用性・真正性・客観性」について出題されたもの

 

 

平成28-Ⅰ問題7-問3

テストの妥当性についての問題です。

1番👉採点者が変わっても同じ結果が得られるかどうかは、客観性。

2番👉測定しようとする能力が適切に測定できているかは、妥当性。

3番👉実際の教授活動の中で使いやすいかどうかは、有用性。

4番👉実際の言語使用を状況を反映してるかは、真正性。

したがって正解は、2番

 

平成30-Ⅰ問題5-問3

テストの妥当性の問題です。妥当性を損なう要因を問われています。

1番👉問題文の指示が不明確なのは、信頼性を損なっています。

2番👉聴解テストで、選択肢の漢字が読めず答えを選べないのは、妥当性を損なっています。

3番👉???

4番👉聴解テストのときに、外の音が妨げになるのは、信頼性を損なっています。

したがって正解は、2番

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

沖縄・パパイヤの木

f:id:somutamu_musume3:20211016054524j:plain

f:id:somutamu_musume3:20211016054456j:plain
f:id:somutamu_musume3:20211016054451j:plain

昨日、大度浜海岸へレンタサイクルで行く途中に見かけた、パパイヤ畑です。

しかもこんなに低い木に実っているパパイヤは初めて見ました。そしてパパイヤ畑を見るのも初めてです。。。

 

青パパイヤがこんなに!

こんな光景を見ると、、、沖縄ってほんとに南国🌴

 

タイ料理のソムタムが恋しいです。。

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日??

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【言語と教育】評価『テストの種類』『ポートフォリオ評価』『ルーブリック』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

 

今日はこれから糸満市の海・大度浜海岸へ行ってきます!🚴

試験まで・・・あと約一週間というところですが、勉強の進捗状況はまったく順調ではありません泣

ただ海へ行けるのも今年最後・・・そして沖縄離れる前の最後の機会になりそうです。という訳で今は海🌊を優先します。

まぁこの一日が試験を左右するくらいだったら、私の今の実力もその程度ってことですね(^^;  (👈言い訳!!)

 

8月4日から続けてきたこのブログ更新も試験までストップします。(一応)

この後はリスニングと筆記の方に重点を置いて勉強進めていこうと思います。

たまに更新はするかも?

 

ではでは今日も教育の分野を勉強していきましょう~。

 

 

 

 

評価とは

評価とは、教育の実践とセットで捉えるものとされています。

評価を行うことによって、カリキュラムや授業の問題点を見つけることが可能になります。

また、その評価方法も目的や状況に合わせさまざまな種類があります。

テストによる評価やテストを用いない評価、統計学的な分析手法などもあります。

 

評価の分類と方法

評価の目的は、教授活動をより効果的に行うことです。

フィードバックにより、今後の指針となる貴重な情報源にしなければなりません。

評価関連用語として、3つの用語が使われています。

①テスティング:試験

試験をおこなうことです。

②アセスメント:査定

試験、インタビュー、アンケート等によって、評価のためのデータを集めることです。

エバリュエーション:評価

アセスメントによって得られたデータを教育目標と照らしあわせ、その教育の成果を評定し、その後の方策を打ち出すことです。

 

性格による評価の分類

認定評価

学習者の能力や進歩が基準に達しているのかを測定するものです。

例:日本語能力試験OPI

 

測定評価

各段階の到達目標の達成度を評価するものです。

例:中間テスト、単元テスト・定期テスト

 

選別評価(選抜的評価)

学習機関に受け入れるか否かを選別するものです。

例:入学試験

 

熟達度評価

現時点の言語能力の熟達度(どれくらいできるか)を測るものです。

クラス分けに用いたりします。

例:プレースメントテスト

 

 

実施時期による評価の分類

診断的評価

コース開始前に実施します。

例:レベルチェックテスト、プレースメントテスト

 

形成的評価

コース開始後、学習の進行に応じて随時実施します。

例:小テスト、単元テスト

 

総括的評価

学期終了・コース終了時に実施します。

例:期末テスト

 

外在的評価

学習機関外で任意の時期に実施します。

例:日本語能力試験日本留学試験

 

 

③評価方法

成績の評価方法です。

相対評価

同一集団内での評価・位置づけを行う評価です。

 

絶対評価

学習目標の達成度を一定の基準に照らして判断する評価です。

到達目標を基準とする評価としての「到達度評価」と、個人の特性を評価することを目標に進歩の有無や得意不得意を捉える評価として「個人内評価」があります。

 

評価の方法はそれぞれ特性があり、相対評価は客観的で納得されやすい反面、個人の進歩が評価されにくいです。一方で、絶対評価は個人の努力などは評価されて学習の動機付けにも有効ではあるものの、評価の判断基準が適切に設定されていないと、教師の主観に左右される恐れがあります。

それぞれの特性を把握しどの方法を使うか見極めが重要です。

 

 

テストの種類

言語能力の測定と評価の方法として最も一般的に広く用いられているのが、言語テストです。

言語テストの種類を用途別、実施目的・結果の解釈別、採点方法別に分けていきます。

 

 

テストの種類(用途別)

用途別の分類です。

 

適性テスト

受験者の言語学習に対する適性を測るためのテストです。

言語的知性、音韻的能力、分析能力、音声と文字を一致させる力、文法に対する敏感さ、機械的な記憶力、機能的に理解する力などを測ります。

 

プレースメント・テスト(組分けテスト)

現時点の言語力の実力を測り適切なクラスへ配属させるためのテストです。

 

アチーブメント・テスト(到達度テスト)

一定期間における学習の到達状況を見るためのテストです。

 

プロフィシエンシー・テスト(熟達度テスト)

受験者の実力を認定基準に照らし、どのレベルかを測るためのテストです。

 

 

テストの種類(実施目的・結果の解釈別)

実施目的・結果の解釈別の分類です。

 

集団基準準拠テスト

ある受験者が他の受験者の得点と比較してどうだったか、受験集団における個人の相対的な位置付けを明らかにできるテストです。

相対評価に結び付きます。

 

目標基準準拠テスト

ある受験者のできること(Can-do)や、能力の伸びを明らかにするテストです。

絶対評価に結び付きます。

 

 

テストの種類(採点方法別)

採点方法別の分類です。

 

客観テスト

正答が1つしかなく、コンピュータでも採点ができるテストです。

用意されている選択肢の中から正答を選ぶ再認形式と、受験者が自分で回答を書き込む再生形式の2種類があります。

再認形式には、空欄に語を記入する「クローズ・テスト」、長文を読ませた後に答えの真偽を問う「真偽法」、3択以上の選択肢の中から正答を選ばせる「多肢選択法」など、その他にもさまざまな種類があります。

 

主観テスト

特に決まった正答がなく、採点者が採点基準に基づき採点するテストです。

作文、小論文、ロールプレイ、スピーチ、プレゼンテーションなどあります。

主観テストの採点方法には、パフォーマンスを総合的に判断する総合的測定法と、「発音」「文法」「流暢さ」というように評価項目を要素に分けて採点し、その統計を出す分析的測定法があります。

 

 

 

ポートフォリオルーブリック

テストによらない評価方法には、ポートフォリオ評価があります。

ポートフォリオ評価は、数値化しにくいパフォーマンス課題(スピーチ、ロールプレイ、作文、レポート、プロジェクトワークなど)に関するデータをファイル(ポートフォリオ)に保存し、学習者本人と教師が共同で評価するものです。

ポートフォリオの目的は、資料を基に学習者自身が内省し、自己評価を行うことでメタ認知能力を育成し、継続的な自立学習を促進することです。

ポートフォリオを評価する方法として近年はルーブリックが用いられています。

ルーブリックとは評価の(基準+規準)のことでで、マトリックスの形で提示されることが多いです。

学習目標の到達度を判断することを目的とし、縦軸に学習項目である「評価の観点(規準)」、横軸に「評価点」を示しそれぞれの下に観点の尺度を数段階に分けて文章で示した「評価の基準」から構成された評価ツールです。

パフォーマンス課題のように、リアルな状況で知識・スキルを活用しながら取り組む課題については、パフォーマンスの質を判断する基準が評価者によって異なりやすいという問題もあります。

しかしルーブリックを用いると、評価者による評価の偏りを少なくし、「できる/できない」の二分ではなく、複数の水準(レベル)を設けた評価基準によって「どの程度できるか」という段階的な評価が可能になります。

また、ルーブリックを活用することで教師と学習者が目的や到達レベルを共有して取り組むことで、授業活動がより活性化することも期待できます。

 

 

 

日本語教育能力検定試験・過去問】・「「ポートフォリオ」「ルーブリック」

 

平成27-Ⅰ問題6-問2

教育活動について、コース実施実施後に行うテストについての問題です。

コースの改善のために行うテストはどれ?

1番👉プレースメントテストはクラス分けに用いります。

2番👉クローズ・テストは穴埋め式のテストです。

3番👉到達度テストは、学習者の一定期間の学習状況の到達度をみるテストです。

4番👉言語学習適性テストは、言語の適性を測るテストです。

したがって正解は、3番

学習者の到達度を確認すればコース改善ができますね!

 

平成27-Ⅰ問題7-問5

ポートフォリオについての問題です。活用する利点とは?不適当なものを問われています。

正解は、1番

結果より過程重視です!詳しくは上記参照。

 

平成28-Ⅰ問題6-問4

クローズ・テストについての問題です。

正解は、3番

空欄を埋めるのがクローズ・テストです!

 

平成28-Ⅰ問題7-問1

コースの途中でコース改善を目的として行う評価はどれ?

正解は、4番

形成的評価のことです。詳しくは上記参照。

 

平成28-Ⅰ問題7-問2

集団基準準拠テストに関する問題です。不適当なものを問われています。

正解は、1番

個人の到達度を測るのは目標基準準拠テストです。詳しくは上記参照。

 

平成28-Ⅲ問題7-問1

ルーブリックについての問題です。

正解は、4番

選択肢1に惑わされました・・・言語能力のレベルを測るものではないですね。

詳しくは上記参照。

 

平成30-Ⅰ問題5-問1

熟達度評価に用いられるテストはどれ?

正解は、2番

プレースメントテストです!

 

令和1-Ⅲ問題7-問2

ルーブリックに関する問題です。

正解は、1番

パフォーマンスの質の評価に向いています!

選択肢2番の、項目ごとに到達度を評価できる・・・これは合ってますが、大規模な客観テストに向いているとは言えません。

 

令和2-Ⅲ問題7-問5

形成的評価に関する問題です。

正解は、2番

形成的評価は、コース期間中のテスト結果を基に、指導方法の改善をはかるために行います。

 

令和2-Ⅲ問題8-問5

ポートフォリオに関する問題です。

正解は、2番

学習過程の記録を残し、学習を振り返ることです!過程が大事。

 

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

Orion・41BEER(首里

f:id:somutamu_musume3:20211015055602j:plain
f:id:somutamu_musume3:20211014215954j:plain

Orion🍻ビールから新商品のクラフトビールが発売されていました。

その名も「41ビール」。

2年前火災にあった首里城の復興を願って・・・

首里王朝のハチミツを使用しているんだそうです!ほんのり?感じる気がします♪ コクがあって美味しかったです。

ネーミングは、首里=すい=41からきているようです。

 

南のビールと一緒に北の・・・北海道限定のビールも🍺 こちらはドライ!

 

www.watashinoarukikata-diary.com

 

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日!

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【言語と教育】言語教育・言語運用指導『プロセス・アプローチ』『ディクトグロス』『スキャニング』『スキミング』『ジグソー・リーディング』『ピア・レスポンス』『プライミング効果』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

 

最近肌荒れが・・・マスクのせいでしょうか?特に頬のあたりのニキビ(って言わない?w)や乾燥が気になります( ノД`)

実は最近、顔を洗うのに石鹸を使わないようにしています。水のみです(笑)

こんなことができるのも・・・ファンデーションなどの化粧をしていないからです。

数か月前におでこのニキビが気になって、洗浄のし過ぎかと思い止めたらかなり改善されたんですよね(あくまで個人的感覚)

タイの石鹸を使い出してから、肌の調子も好調だったのですが・・・在庫が無くなって今は日本の石鹸です。

早くタイの石鹸が欲しい~~。

 

はい!

今日は実践的な教育についての内容です。

 

 

 

 

4技能別の言語指導・重要語句・まとめ

ここでは言語指導を実際に行う際に用いる、具体的な指導法や活動方法をみていきたいと思います。

過去問にも実践的な問題としてかなり出題度が高い項目です。

それぞれのワードと意味をしっかりおさえておく必要があります。

「話す」「書く」「聞く」「読む」の4技能別に確認していきましょう。

 

 

「話す」技能指導

話す技能の指導では、1人で話すことを基本とする独話と、複数人で話す対話に大きく分けられます。

 

独話活動

・スピーチ

・プレゼンテーション

ストーリー・テリング

 

対話活動

・ロールプレイ

・ディスカッション

ディベート

 

 

「書く」技能指導

 

初級レベルに対しての指導法

 

制限作文アプローチ

特定の言語項目を使用して作文をする方法です。書くことよりも言語知識の習得のために行われることが多いです。

言語形式の正確さを重視したオーディオ・リンガル・メソッドの考え方を取り入れた指導法です。

 

ガイデッド・ライティング/ガイデッド・コンポジション

教師が与えた質問に対する答えを文で書いていき、その答えの部分だけをつなぎ合わせることでまとまった文章に仕上げていく方法です。

 

 

中級レベルに対しての指導法

ある程度基礎的な学習は終えているため、小論文、要約、レポート、ノートテイキング、手紙やメールなどを指導していきます。

 

プロセス・アプローチ

文章を書くことを思考の循環的なプロセスであるとして、文章を推敲する過程(書く過程)を重視して、何度も書き直しをする方法です。

フラワーとヘイズのライティングプロセスの認知モデルを理論の基盤としています。「構想」「文章化」「推敲」3つの段階を行ったり戻ったりを繰り返しながら、改善しよりよい文章を再構築していくことを目的としています。

ライティングプロセスの認知モデル:

1980年代に、フラワーとヘイズによって提唱されました。

ライティングにおける思考過程の研究には、書き手の思考内容を発話させて分析する思考発話プロトコル分析が用いられています。

それまでは、構想・文章化・推敲は独立した段階をそれぞれ終えてから次に進んでいくとされていましたが、この研究によって3つの段階は行き来していることが解明されました。

3つのそれぞれの段階で、その過程が適切に行われいるかを書き手がモニターする仕組みがあり、このモニターには長期記憶とワーキングメモリが関係しているとされています。長期記憶から書くことに必要な情報を取り出し、モニターに役立て、ワーキングメモリにはこれまでに書いた内容が記憶されています。

 

 

パラグラフ・ライティング

読み手にとっての分かりやすさを重視し、文章の構成や形式を一定のルールに沿って書く方法です。

 

ピア・レスポンス/ピア推敲

協働学習の観点から、学習者がペア、あるいはグループでお互いの作文を読み合い、良いところや直したほうがいいところを伝え、文章の内容や形式の両面にフィードバックを行うことで、文章の改善を図る活動です。(学習者同士のの言語能力レベルは同じくらいにするのがベストです)

スキル向上と、学習活動を通して仲間と社会的関係を築くことも目的としています。

ピア・ラーニングの一種です。

 

学習者によっては、レポートや論文などの学術的な文章(アカデミック・ライティング)を書くことが必要になってくる場合もあります。その場合は、適切な語彙や表現、構成等の指導も必要になってきます。

 

::::::::

 

その他にも覚えておきたい用語。

新旧レトリックアプローチ

新旧レトリックアプローチとは、作文指導のひとつです。

談話や文体にある特有のパターン、段落の理論的構造や機能などの文章構造のパターンを提示して、それに従って書かせる方法です。

制限作文アプローチは語彙や文法などの文レベルを重視した指導法でしたが、新旧レトリックアプローチはそれよりも大きい談話レベルに重点を置いた指導方です。

 

nihongo-tiengnhat.watashinoarukikata-diary.com

 

 

 

「聞く」技能指導

聞く技能の指導には、CDやDVD、教師の発話、インターネットなどさまざまなものが活用されます。

聴解のプロセスには、言語知識を手がかりにして理解を進めるボトムアップ処理と、背景知識や文脈・場面・挿絵などを手がかりに予測や推測をして仮説検証をする聞き方のトップダウン処理があります。

これら両者を組み合わせて両者を相互に交流させることによって、「聞く」過程が作られていき、このことを相互交流モデル(補償モデル)と言います。

 

詳しくはこちら。

nihongo-tiengnhat.watashinoarukikata-diary.com

 

 

ディクトグロス

音声を通じて日本語を統合的に練習する活動です。

①まずまとまりのある内容を持つ短めの文章を、教師が数回音読している間に、学習者はキーワードのメモを取ります。教師の音読はナチュラルスピードで行われます。

②その後、学習者が個別に、または他の学習者と協働して、元の文章と同等の内容・構成になるよう文章を復元していきます。

復元する際に、うまく話せない学習者には母語使用を認めます。

4技能を組み合わせて、個人学習と協働してピア・ラーニングも行える活動です。

 

ディクトコンボ

学習者に文の一部をディクテーション(書き取り)をさせ、その後続きを考えて書く活動です。

 

 

 

「読む」技能指導

読む作業、読解も聴解と同じように、トップダウンボトムアップの理解も出るがが提唱されています。

また読解におけるスキルとして、スキミングやスキャニングなどがあります。

読解活動ではジグソー・リーディングがあります。

 

トップダウン・モデル

キーワードや見出しなどから予測や推測をし、仮説をたて、理解の確認(モニター)をしながら、仮説の検証・修正をしていく方法です。

 

ボトムアップ・モデル

小さい単位の(語彙)の理解から、大きい単位(文章全体)へと理解をすすめていく方法です。

 

 

スキミング・速読

スキミングとは、英語のskimのすくいとるという意味からきています。

文章のおおよその内容や要旨をつかむ・・・意味をすくいとるという方法です。

すくい読み、飛ばし読み、流し読みなどとも言われています。

見出しを見て大意をつかんだり、文章をざっと読んで流れをつかんだりすることです。

トップダウン・モデルの活用が重要です。

 

スキャニング・速読

スキャニングは英語のscanの探し出すという意味からきています。

自分の知りたい情報を探し出す・・・必要な内容のみを探し出す方法です。

文章の中から探しているキーワードを探したり、メニューの中から自分の食べたいメニューを探したりすることです。

これもスキミングと同様にトップダウン・モデルの活用が重要です。

 

多読

多読とは、できるだけ多くのテキストを読む手法です。

これも外国語を身に付けるための学習法のひとつです。

大切なのは、楽しく外国語に慣れ親しむことなので、まずは字のない絵本から初めて、徐々にレベルを上げていきます。分からなくても辞書は引かず、母語に翻訳はしません。また、分からない部分は飛ばして読み、さらに読み進められなくなったら、その本は読まずに他の本を読みます。。。

 

ジグソー・リーディング

ジグソー・リーディングとは、グループによる読解活動です。

グループのメンバーがそれぞれテキストの異なる部分を読んで、自分が読んだ情報を持ち寄り報告し合い、全体のストーリーを再構築します。情報の断片から全体を作り上げ共有することで読解力を高める効果があります。

 

 

 

その他の覚えておきたい用語。

 

ライミング効果

ライミング効果とは、先に行ったなんらかの処理が、次に行う他の処理に促進的な効果を及ぼす現象のことを指します。

なお、先に見たり聞いたりする事柄をプライムといい、影響を受ける別の事柄をターゲットといいます。プライマーによって特定の概念が活性化させられて、関連する情報(ターゲット)を連想しやすくなるというわけです。

例えば、教師が学習者に対しフィードバックを行った際に、教師が用いた言語形式を聞くことで、学習者も同じ言語形式の使用頻度が高まることです。

 

 

 

 

日本語教育能力検定試験・過去問】「プロセス・アプローチ」「新旧レトリックアプローチ」「制限アプローチ」「ディクトグロス」「スキミング」「スキャニング」「ジグソー・リーディング」「ピア・レスポンス」「プライミング効果」について出題されたもの

 

 

平成27-Ⅲ問題8-問1

上級レベルのグループワークを行う際に、読解の作業に入るまえに、背景知識を活性化させる活動として、話し合いを行わせます。その活動に適しているものとは?

正解は、3番

テーマについて知っていることや自身の経験を話し合うことは、プライミング効果を期待できます。

ライミング効果(背景知識を活性化させること)とは、あらかじめ提示された事柄(プライム)に影響をうけ、それに関連する事柄が覚えやすくなったりすることです。

事前にこの活動をすることによって、これから読む資料に対する学習効率を高められることが期待できます。

 

平成27-Ⅲ問題8-問2

速読におけるスキャニング、スキミングの問題です。要点を箇条書きにする際に論旨を正確に理解するたもの指導として、不適当なものを問われています。

正解は、3番

スキャニングは、必要な情報のみを探し出す手法なので、要点を箇条書きにすることには向いていません。

スキミングで大意を理解した上で、詳しく読むのはいいですね!

 

平成28-Ⅰ問題6-問1

スキミングについての問題です。適している活動はどれ?

正解は、3番

ポイントは「大意を把握する」ですね。スキミングの特徴です。

 

平成28-Ⅰ問題6-問2

ジグソー・リーディングについての問題です。

正解は、2番

詳しくは上記参照。

 

平成28-Ⅰ問題6-問3

多読についての問題です。

正解は、3番

とにかくたくさん読むことが多読です!読み進めなくなったらその本は読むのをやめて、他の本を読む!

 

平成28-Ⅲ問題8-問1

ディクトグロスについての問題です。

教師がテクストを読み上げ、学習者はそれを聞いて、協働で内容を再構築する活動は、ディクトグロスのことです。

したがって正解は、2番

 

平成29-Ⅲ問題10-問1

新旧レトリックアプローチについての問題です。

談話構成に関して、さまざまなじゅあんるの談話構成パターンを指導する方法は、新旧レトリックアプローチのことです。

したがって正解は、1番

 

平成29-Ⅲ問題10-問2

ライティングプロセスの認知モデルについての問題です。

正解は、4番

ライティングプロセスである、構想・文章化・推敲の3つの段階をモニターによって管理されています。

 

平成29-Ⅲ問題10-問5

ピア推敲に関する問題です。不適切なものを問われています。

1番👉学習者の目標言語の運用能力は・・・高低差があると、フィードバック時に困ると思ます、、ピア推敲の効果ないです。

2番👉学習者同士、自分の文章がどれくらい相手に理解されたか把握できます。

3番👉お互いフィードバックすることによって、自分の考えをさらに深めることができます。

4番👉学習者の文章を分析することで、自分の文章も分析的に見返せるようになります。

 

平成30-Ⅲ問題7-問3

ジグソー・リーディングについての問題です。

正解は、3番

それぞれ異なるパートを読んだ人同士がお互いに内容を伝え、内容を確認し合うことに意味があります。

 

平成30-Ⅲ問題7-問5

ジグソー・リーディングについての問題です。この活動を行うねらいはなんでしょうか。不適当なものを問われています。

正解は、2番

競って読み・・・速く正確に読む力をつけることは目的としていません。

 

平成30-Ⅲ問題11-問3

ディクトグロスに関する問題です。

正解は、3番

ポイントは、学習者が協力して再構築する・・というワードです。

 

令和1-Ⅰ問題6-問1

制限作文アプローチに関する問題です。この指導法の背景にある言語教育の考え方はどれ?

正解は、2番

言語形式に重点を置いた、オーディオ・リンガル・メソッドです。

 

nihongo-tiengnhat.watashinoarukikata-diary.com

 

令和1-Ⅰ問題6-問3

プロセス・アプローチに関する問題です。

正解は、3番

ポイントはプロセス・アプローチの特徴である「推敲を繰り返し」のところです。

 

令和1-Ⅰ問題6-問5

ピア活動を取り入れた作文教育に関して、ピア・レスポンスについての問題です。

正解は、1番

ピア活動とは学習者同士が共同で行う活動のことです。お互いに作文を交換しフィードバックし合う、これがピア・レスポンスです。

 

令和1-Ⅲ問題8-問3

スキミングについての問題です。

正解は、2番

ポイントは、「文章全体のおおまかな意味を理解する」という部分ですね!

 

令和2-Ⅲ問題5-問4

スキャニングについての問題です。

正解は、4番。

避難手段を判断するために、ニュースから道路情報や運行情報を聞き取るのは・・・自分に必要な情報のみを取り出す活動と一致しています!

こういう問題は落としたくない!(去年間違ってます💦)

 

令和2-Ⅲ問題8-問3

ピア・レスポンスについての問題です。不適当なものを問われています。

正解は、1番

学習者の言語能力は同じくらいにしないと、お互いに理解し合えないので効果がないです。

平成29年の問題と・・・ほぼ同じ?

 

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

 

餃子ピザ☆

f:id:somutamu_musume3:20211011180142j:plain

うちのキッチンには魚焼きグリルがありません。

友人宅にはグリルがあるので・・・一緒に夕飯を食べるとき、たまに作る餃子ピザ。

とてもお手軽で色んなバリエーションが作れるのが楽しい♪

最近は食べる煮干しをのっけるのにハマってます。これがなかなかイケるんです。。煮干しの塩っけがいい!

 

www.watashinoarukikata-diary.com

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日!

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【言語一般】単文と複文・『並列節と従属節』・『名詞修飾節・補足節・引用節・副詞節・条件節』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

 

昨日は台風18号の影響で久しぶりに一日雨降りだった沖縄地方です。

超大型と言われたいた18号でしたが・・・沖縄本島にはそこまで接近せずに一安心でした💦

気温も久しぶりに30度をきって涼しく感じてしまいました。

 

夏場はガスを止めて水シャワーなんですが、、、ちょっと寒かったです(笑)

 

今日もちょっと放置していた苦手な文法分野の「複文」についてやっていきます!

もうラストスパートですねー!💪💪

 

 

 

語と句と節の定義

「語」とは、単語のことです。

詳しくは語構成で説明しています。

nihongo-tiengnhat.watashinoarukikata-diary.com

「句」とは、単語2つ以上から成って、一定の意味を持ち、品詞に相当するもので、主語+述語を含まないものまでです。

「節」とは、主語+述語が含まれていて、1つのまとまりを持つものです。

これが文法上の、「語・句・節」の定義になります。

しかし日本語では、修飾部が語であるのか、句であるのか、あるいは節であるのかが形式上判断がつきにくい場合があります。

そこで、修飾部が語・句なのか、あるいは節になるのか、次の二つの条件を満たしているかどうかで判断していきます。

①陳述を備えていること。

節  :彼が買った本は安い。  

    ドアノブが壊れているドアは開かない。

語・句:古い車は安い。

    新しい本の表紙が破れている。  

②テンスの意識が含まれていること。

節  :昨日彼が買った本/家が欲しかった人

語・句:楽しい本/仙台の有名な土産

 

 

複文とは

1つの述語を持つまとまりの部分を「節」と呼び、1つの節でできた文を「単文」と呼び、複数の節から成る文複文と言います。

原則として、文末にある述語を中心とした説が文全体をまとめており、この節を「主節」と呼び、主節に対してある関係を持ったものを「接続節」と呼びます。

この主節と接続節の関係は意味的に2つに分けることができます。

ひとつは「並列的関係」で、もう一つは「従属(主従)的関係」です。それぞれを「並列節」「従属節」と呼びます。

 

 

並列節とは

並列節とは、複文の中の二つの節が対等であると同時に、それ自体が無関係であることが条件になります。つまり二つの節はどちらが中心というわけではなく、基本的に位置の交換が可能でなければなりません。

並列節において、主節と接続節が単純に並ぶものを「順接的並列」と呼び、主節と接続節が対立関係にあるものを「逆節的並列」と呼びます。

 

順接的並列

①すべてを並べ立てる表現で、この並列関係を「総記」と呼びます。名詞間に示す助詞「ト」の働きに似ています。

述語の「テ形」と「連用形(前ます形)」で表します。

例:私はご飯を食べて、お菓子を食べた。

 :私はご飯を食べ、お菓子を食べた。

 :私はご飯とお菓子を食べた。

②例としていくつかのものを挙げる表現で、この並列関係を「例示」と呼びます。名詞間に示助詞「ヤ」の働きに似ています。

述語の「タリ形」で表します。

例:私はご飯を食べたり、お菓子を食べたりした。

 :私はご飯やお菓子を食べた。

③問題となっている事柄に該当するものを「~だけではなく~も」といった意味で並べる表現です。この並列関係を「累加」と呼び、名詞間に示す助詞「モ」の働きに似ています。

接続助詞の「し」で表します。

例:私はご飯を食べたし、お菓子も食べた。

 :私はご飯もお菓子も食べた。

 

逆接的並列

接続助詞の「が」で表します。

例:私は海に行ったが、彼は街に行った。

 :私は朝ご飯を食べたが、夕ご飯は食べなかった。

 

 

注意:テ形の並列節には後述する副詞節の用法も多数あるので注意が必要です。

原因・手段方法・付帯状況・逆接などです。

例:笑って、叱られた。(原因)

 :笑って、ごまかす。(手段方法)

 :笑って、彼を迎える。(付帯状況)

 :顔で笑って、心で泣く。(逆接)

 

 

従属節とは

従属節とは、主節を補佐する働きを持っている節のことを言います。

従属節には「名詞修飾節」「補足節」「引用節」「副詞節」「条件節」などがあります。

 

名詞修飾節(連体修飾節)

名詞修飾節とは、体言である名詞(形式名詞は含まない)を修飾する節のことです。構造的な視点からと、機能的な視点からみた2つの分類方法があります。

前者の分類を「内の関係と外の関係」といい、後者を「限定・非限定用法」と呼びます。

 

内の関係と外の関係

名詞修飾節は修飾する成分とそれを受ける名詞(被修飾名詞)との構造的な関係から、内の関係と外の関係に分けることができます。

内の関係は、修飾されている名詞が修飾する述語に対して、格関係を持っています

例:タイで会った日本人は日本語の先生だった。

この文を2つに分けてみると次のようになります。

 👉タイで日本人に会った。(ニ格の関係)/日本人は日本語の先生だった。

このように「日本人」は主節と従属節の両方の文に含まれているといえます。

そして従属節の「タイで会った日本人」という名詞修飾節の被修飾名詞の「日本人」は「タイで会った」という修飾する述語に対してニ格の関係を持っています。

このような構造を「内の関係」と言います。

反対に、外の関係は、修飾されている名詞が修飾する述語に対して、格関係を持たないものをいいます。(結びつく格がない)

例:タイで初めて経験したが忘れられない。

この文の被修飾名詞の「味」は修飾する述語に対して格関係をもっておらず、「タイで初めて経験した」という文の内側にあったものではなく、外から来たものであるのがわかります。

このような構造を「外の関係」と言います。

また、「外の関係」の連体修飾を作る名詞はある種の特徴を持ったもので、普通の具体的な名詞ではない場合が多いです。例えば、「音」「におい」「事実」「話」などで、単独では何か足りない感じがするものです。その足りない情報を文の形で補うのが「外」の連体修飾というわけです。

例:外にでるときに火元を確認しなかった結果が今回の火災を招いた。

 

限定用法と非限定用法

被修飾名詞の意味に制限を与えるかどうかという機能的な観点から限定用法非限定用法に分類することができます。

制限用法非制限用法とも呼ばれています。

この用法は「内の関係」における用法で、「外の関係」にはありません。

 

①限定用法

一般的に「学生、海、洋服」などの普通名詞を修飾して、特定の意味を加えることによって名詞の内容を特定化します。

多くの名詞修飾節は限定用法であると言えます。

例:漢字が書けた生徒は褒美をもらった。

褒美がもらえたのは漢字が書けた生徒のみということを表しています。もし「生徒」だけではどんな生徒が褒美をもらったのか明確に表せません。「漢字が書けた」という修飾をつけることで、どのような生徒なのかが限定されるというわけです。

 

②非限定用法

限定用法とは異なり、限定するためではなく、説明を加えるための修飾です。そのため非修飾名詞が固有名詞の場合、もともと限定されているため、非限定用法となることが多いです。

例:漢字が書けた太郎は褒美をもらった。

「太郎が褒美をもらった」という事実は「漢字が書けた」という修飾部分がついてもつかなくても変わりません。

 

 

補足節

補足節とは、従属節に「こと」「の」などの形式名詞がついて、従属節内が一つの名詞のようになり、主節の述語に対して補足語と同じ働きをする節のことです。

「こと」「の」は従属節を名詞化する機能的役割を担っていますが、このほかにも「ところ」「ほう」「ということ」などがあります。

例:タイで日本人に会ったことが一度もない。

 :タイの人が辛そうにしているを見たことがない。

 

「こと」と「の」の違い

「こと」と「の」は多くの場合交換可能です。しかし、いつも交換可能というわけではないようで、「こと」ではければならない場合もあるし、「の」でなければならない場合もあります。

補足節をとる主節の述語の性質によって、いくつかの点でその使い分けの違いがみられます。

①「こと」しかとれない主節の述語

(命じる・求める・約束する・ある・ない・できる・多い 等)

例:タイに行ったことがある。

 :タイ語を話すことができない。

②「の」しかとれない主節の述語

(手伝う・助ける・待つ・見る・聞こえる・感じる 等)感覚を表すものが多いです。

例:友達が荷物を持つのを手伝う。

 :遠くで鳥が鳴くのが聞こえる。

 

 

引用節

引用節とは、従属節内で発話や思考を表す内容を「~と」「~よう(に)」につなげることで、主節を構成する成分になるものです。

例:私が悪かった謝る。

 :先生が明日は遅刻しないように生徒に注意した。

 

 

副詞節

副詞節とは、副詞のように主節の述語にかかってくる従属節のことです。

副詞節には、「条件」「理由・原因」「時間」「目的」「様態」などさまざまあります。また、連用修飾節とも呼ばれています。

※「条件」については個別に詳しくみていきます。

 

 

原因・理由「~から」「~ので」「~ため(に)」「~て」

従属節が、主節の原因や理由となって、因果関係を表すものです。また行動や判断の理由や根拠を表します。「~から」「~ので」「~ため(に)」「~て」などがあります。

例:今日は残業があるから、帰るのが遅くなる。

 :今日はとても暑いので、クーラーをつける。

 :大きな台風が来たため、学校が休みになった。

 :階段から落ち、骨折した

テ形で表す原因・理由の表現では、命令・依頼・勧誘・意思などを表すことができないです。この制約は「ので」より強くなります。テ形での表現は、前件が成立した結果、自然の成り行きとして起こる状況、感情、仕方なくすることなどが続くという特徴があるからです。そのため文全体としても理由を表す意識は弱くなります。

 

時間「~とき(に)」「~てから」「~あと(に・で)」「~うちに」「~あいだ(に)」

主節の事態が起きた時間を表します。時点にも期間にもなり、点と線の両方の使い方があります。

「~とき(に)」「~てから」「~あと(に・で)」「~うちに」「~あいだ(に)」などがあります。

例:家を出たときに、雨が降っていた。

 :勉強をしてから遊びに行く。

 :食べ終わったあとで、歯を磨く。

 :けんかをしているうちに仲良くなる。

 :洗濯しているあいだに料理を作る。

 

目的「~ため(に)」「~ように」「~のに」「~には」

主節の事態の目的を表す従属節で、「~ため(に)」「~ように」「~のに」「~には」などがあります。

例:痩せるため、お菓子を食べない。

 :タイ語が話せるように、毎日勉強する。

 :屋上へ上がるのにエレベーターを使う。

 :早起きするには、早く寝なければいけない。

 

様態「~のように」「~みたいに」「~ほど」「~ながら」

主節の事態のあり方を述べる従属節です。「~のように」「~みたいに」「~ほど」「~ながら」などがあります。

例:友人は魚のように、海で泳ぐ。

 :台風が来たみたいに、強い風が吹いている。

 :涙が出るほど感動した

 :歩きながらアイスを食べる。

 

 

条件節

条件節とは、予期された通りの結果となる順接条件と予期する結果とならない逆接条件があります。

順接条件を表すものには、「と」「ば」「たら」「なら」などの表現がありますが、以下のように、主節のムードが関係してきて、それぞれ使い方が異なってきます。

例:映画が終わると、連絡してください。✖

 :映画が終われば、連絡してください。✖

 :映画が終わったら、連絡してください。〇

 :映画が終わるなら、連絡してください。✖

例:雨が降ると、中止だ。✖

 :雨が降れば、中止だ。〇

 :雨が降ったら、中止だ。〇

 :雨が降るなら:中止だ。✖

例:楽しくないと、見なくてもいい。✖

 :楽しくなければ、見なくてもいい。〇

 :楽しくなかったら、見なくてもいい。〇

 :楽しくないなら、見なくてもいい。〇

 

「と」の条件節

「と」の条件節の後件には、「してください」「~しよう」のような、意志・命令・勧誘・依頼といった話者の意志を反映させた表現はできません。

そのため「と」で結ぶ仮定条件の文は、前件の条件が実現したら自然に必然的に後件も実現するとう表現になってきます。

例:夏になると、暑くなる。 

 :勉強しないと試験に落ちる。

 

「ば」の条件節

「ば」の条件節には2つの用法があります。

1つは、前件の条件が成立すれば必ず後件も成立するという論理を示す表現です。「と」の仮定条件の用法とも重なり、自然現象・真理・習慣・一般的な事実などを表わします。

例:春になれば庭の花が咲く。

 :朝起きれば新聞を読む。

2つ目は、話者の意志を表す用法です。

例:合格したければ、勉強すべきだ。

 :時間があれば、食事に行きたい。

ただし、前件と後件の主語が同じで、前件に動作動詞が来る場合は、後件に意思や依頼などの意志表現ができなくなります。

例:電車に乗れば、早く着く。

 :電車に乗れば、早く着きたい。✖ 

「たら」の条件節

「たら」の条件節には、「と」や「ば」にみられるような制約がなく、いろいろな状況での仮定条件の表現が可能です。

前件と後件とに必然的な因果関係がなく、また後件に話者の意志を入れることもできます。

例:春になったら、公園に行きましょう。

 :春になると、公園に行きましょう。✖

 

「なら」の条件節

「なら」の条件節では、動詞、イ形容詞に付いた場合は他の条件形式で表せない特別の意味を表します。また、名詞、ナ形容詞に付いた場合は「ば」と同じ用法になります。

①動詞・イ形容詞に付いた場合

動作や事柄の実現・完了ではなく、その事柄に対する判断、すなわちそれについての意志・予定といったものを仮定します。そのため主節(後件)には、話者の意志や判断を表します。

「なら」の条件文は前件の実現を仮定するものではなため、特に判断を必要としないような事柄は前件に立てられないです。「と」と逆の用法になります。

例:タイに行きたいなら、お金を貯めなければいけない。 

 :使わないなら、捨てなさい。

例:春になるなら、庭に花が咲く。✖

②名詞・ナ形容詞に付いた場合

基本的には「ば」と同じ用法になるが、「なら」が名詞に付くと話題として取り立てることがあります。取り立て助詞の「は」との置換が可能になります。

例:時計なら、アナログがいい。

 :タイ語なら、話せる。

 

逆接条件「~が」「~けれども」「~のに」「~ても」

「~が」「~けれども」「~のに」「~ても」などがあります。

例:駅まで走ったが、電車に間に合わなかった。

 :早く寝たけれども、早く起きれなかった。

 :努力したのに、不合格だった。

 :沢山食べても、まったく太らない。

※逆接条件は、並列(対比)とも似ているので注意が必要です。

 

 

「節」の従属度について

文と文が結び付き一つの長い文になるとき、もとの文は節となるけれども、その結び付きの強さによって、いろいろな関係が成り立ちます。

お互いが独立しているか、あるいはどれだけ一方が他方に従属しているか、節の性質によって大きく異なってきます。

この従属する度合いを「従属度」と言います。

 

従属度をはかる目安

日本語は、文末が丁寧体であれば、繋ぎの節つまり従属節の述語は丁寧にしなくても十分に丁寧さを表すことができます。もし従属節の述語を丁寧にしなければならないとすれば、それはすなわち従属節の独立性が強いということで、反対に従属節の主節への従属度は弱いということになります。

例えば、名詞修飾節においては、ほとんどの場合「です」「ます」などは振り落とされます。これは、それだけその節の自立度が弱い、つまり従属度が強いということになります。このことから従属節の述語の丁寧化の率が上がるにつれて、従属度は弱くなるということが言えます。

①助詞や活用形における丁寧化率の高いもの(従属度が弱い=従属節の独立度が強い)

「が」「けれど」「から」「し」

例:朝ご飯は食べますが、夕ご飯は食べません。〇

 :朝ご飯は食べるが、夕ご飯は食べません。△

 

②助詞や活用形における丁寧化率の低いもの(従属度が高い=従属節の独立度が弱い)

「ながら」「たら」「と」「のに」「ので」

例:歩きながらアイスを食べます。〇

 :歩きますながらアイスを食べます。✖

 

節の従属度が強い、あるいは自立度が弱いということは、文と文の結び付きが強く、それだけ複文でも単文に近くなります。つまり従属節のもとの文は、モダリティや終助詞、丁寧さなどが振り落とされて主節の文に従うようになるわけです。それから意味の面から言うと、順接の方が逆接より従属度は強くなります。

 

 

 

日本語教育能力検定試験・過去問】「複文」「従属節」「引用節」「条件節」「副詞節」について出題されたもの

 

平成27-Ⅰ問題1-(12)

逆接条件の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、3番

この選択肢のみ、前件と後件の関係が、仮定ではなく事実を表しています。

 

平成27-Ⅰ問題2-(3)

副詞節の「ながら」と「まま」の誤用の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、3番

 

平成27-Ⅰ問題2-(4)

条件節の「と」と「たら」の誤用の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、2番

「あなたが行くなら」とするのが正しいですね。

 

平成27-Ⅰ問題3-(19)

従属節の従属度についての問題です。従属度が高いものはどれ?

正解は、3番

「私は違うと思います」(普通体)

「私は違いますと思います」(丁寧体)

丁寧体にするとこれのみおかしくなります!思考の内容を表す「と」は従属度が高いということですね。

 

平28-Ⅰ問題1-(14)

「ので」節の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、5番

「ので」は原因・理由を表します。5番のみ前件が後件より未来のことを表しています。それ以外の選択肢は、後件の理由としてすでに起きたことを前件で説明しています。

 

平成30-Ⅲ問題1-問3

複文の従属度についての問題です。主節と従属節の文体を合わせなければいけないものはどれ?

要するに従属度が低いものです。

従属節を普通体、主節を丁寧体にしてみて検証してみます。

1番👉「あなたが行くなら、私もいきます」〇

2番👉「早く起きたが、遅刻してしまいました」△

3番👉「アイスを食べながら歩きます」〇

4番👉「話しつつ、考えています」〇

正解は、2番

逆接を表す「が」のみ従属節を普通体にして主節を丁寧体にすると違和感があります。「早く起きましたが、遅刻してしまいました」のように文体を合わせたほうが自然ですね!

 

令和2-Ⅰ問題1-(12)

条件節の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、1番

この選択肢のみ順序を表しています。それ以外は「仮定条件」です。

 

令和2-Ⅰ問題2-(5)

条件節の「ば」と「たら」の誤用の問題です。仲間外れはどれ?

正解は、4番

「お金を沢山持っていれば」が正しいです。

 

令和2-Ⅰ問題3-(12)

引用節の「と」についての問題です。引用節には「と」や「ように」を用いて表します。引用に当てはまらないのはどれ?

正解は、4番

「~となっている」の「と」は引用ではないです。

 

 

 

複文・・・従属節の問題苦手かもしれないです!!(@_@)

 

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

 

島豆腐の厚揚げ

f:id:somutamu_musume3:20211008085021j:plain

沖縄といえば「島豆腐」が有名ですね。全国でもお豆腐消費量は毎年上位に入る沖縄。

私も大好き!

そんな島豆腐の厚揚げ。

塩っけがあってそのままでも美味しく食べれます。

小さくカットされているこのタイプは、、、てんぷら同様でおやつ感覚?で食べれちゃいます♪

 

因みにこれはある日のお昼ご飯~

 

沖縄来てから「厚揚げ」にもハマってます☆

www.watashinoarukikata-diary.com

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日!

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月

【言語と教育】言語教育・訂正とフィードバック方法『リキャスト』『プロンプト』『明示的フィードバック・暗示的フィードバック』

Chào buổi sáng mọi người! はいさい🌺ソムタム娘です。

Hôm nay cũng chùng mình cùng cố gắng học tiếng Nhật nào!!  📚

今日も日本語の勉強を頑張りましょう!

 

 

嬉しいお知らせです!

なんと10月末に妹が姪っ子と沖縄に遊びに来るそうです(*'ω'*) 女子2人旅だそうです。

私が沖縄離れる前に・・・という訳ではないのですが。

先日実家岩手に帰って、気仙沼や小岩農場に行ったときに、

「今のうちに🌻ちゃんに色んな経験をさせてあげたい!」思ったそうです。

親心ですね。。。

なんだかじーんときてしまいました。

 

そして私も楽しみです!!!

 

結婚もしてない&子どももいない私が言うのもあれですが・・・やっぱり子どもができると、人として成長というか、大人になるんですかね。

守るものがあるって、、、人を強くします。

 

今日は嬉しくて前置きが長くなってしまいました(^^;)

 

ついつい沖縄情報を教えたくて・・・妹とのやり取りに気をとられがちですが、、今は勉強に集中!!!でも旅行前のあの計画立てて妄想するワクワク感・・・たまらないですよね~(笑)そんな私も・・・福岡で宿泊するホテルをアゴダの地図とにらめっこしながら楽しんでたり💦

 

 

今日はちょっと【言語一般】の文法からは離れて・・・気分転換に【言語と教育】の勉強をしていきます!

 

 

「誤用」とは

誤用とは、外国語学習者が母語の干渉」などから起こすものとし、以前は排除されるべきものとして扱われてきました。

そのため全ての誤りは訂正されるべきだとされ、「誤用訂正」という言葉が使われていました。

しかし学習者は目標言語に向かって、間違えながら言語を習得していきます。不完全でありながらもその誤りは規則性(過剰般化など)を持ち、一連の段階を経て目標言語に向かって変化していくと考えられています。

そのため、現在では誤りは習得のプロセスであり、必然であると考えられるようになりました。

この目標言語に向かって変化する過程の「中間言語」をどう発達させるかという観点から訂正フィードバックの方法が考えられるようになってきています。

 

誤用と中間言語についてはこちら。

nihongo-tiengnhat.watashinoarukikata-diary.com

 

訂正フィードバックの種類

訂正フィードバックにはさまざまな方法があり、大きく分けると教師から正用を示す「インプット誘発型」学習者に訂正を促す「アウトプット促進型」があります。またこのどちらにも「明示的」な方法と「暗示的」な方法があります。

明示的フィードバックは、学習者の誤用をはっきりと示すタイプのフィードバックで、暗示的フィードバックは、なるべく会話の流れを保ったまま自然な応答を続けながら訂正を促すタイプのフィードバックです。

 

 

学習者の誤用例、「これは、おいしいのりんごです。」に対してのそれぞれのフィードバック方法をみていきましょう。

 

インプット誘発型

インプット誘発型は、学習者に正用を与えるタイプです。明示的な「明示的訂正」と、暗示的な「リキャスト」「理解確認」の種類があります。

 

明示的訂正(明示的)

「これは、おいしいりんごです、が正しいです。」「おいしいは、イ形容詞なので『の』はいりませんよ。」というように間違いがあることを指摘して、正しい言い方をはっきりと提示します。

 

リキャスト(暗示的)

「そうですか、おしいいりんごですか。」のように、話の流れを切らずにさりげなく間違っている箇所のみを正しく言い直して訂正する方法です。

特に内容を重視した、コミュニケーションに重点を置いた授業で使用されます。

 

理解確認(暗示的)

「おいしいは、イ形容詞なので『おいしいりんご』です、名詞の前に『の』は必要ですか?」というように、学習者に対して、その発話が正しいかどうか理解確認する方法です。

 

 

アウトプット促進型(プロンプト)

アウトプット促進型は、学習者にアウトプットの自己修正を促す方法でプロンプトとも呼ばれています。

明示的な「メタ言語的フィードバック」「誘導・引き出し」暗示的な「明確化要求」「繰り返し・反復」があります。

 

メタ言語フィードバック(明示的)

「『おいしい』はイ形容詞なので『の』は必要ないですよ」というように文法を説明したりすることで間違っていることを教え、学習者に自己修正を促します。

 

誘導・引き出し(明示的)

「おいしい・・・」というように途中まで文を与えるなどして、学習者に正しい言い方を促す方法です。

 

明確化要求(暗示的)

「よく分からなかったので、もう一度言ってもらえますか?」というように、学習者の言っていることが理解できなかったことを伝え言い直しを求め、間違いに気づかせ自己修正を促す方法です。

 

繰り返し・反復(暗示的)

「おいしいのりんごですか?」のように、間違っている部分をそのまま繰り返し間違えに気づかせ、自己修正を促す方法です。

 

 

 

日本語教育能力検定試験・過去問】「リキャスト」「プロンプト」について出題されたもの

 

平成28-Ⅰ問題10-問2

「リキャスト」についての問題です。

1番👉誤りの後に訂正👉明示的訂正。

2番👉誤りの後に会話の流れを保ちつつ正用を提示👉リキャスト。

3番👉誤りの後に間違えた個所を繰り返し自己修正を促す👉繰り返し(プロンプト)。

4番👉誤りの後に聞き返し自己修正を促す👉明確化要求(プロンプト)。

したがって正解は、2番

 

平成30-Ⅰ問題4-問5

フィードバックの問題です。学習者に言い直し(プロンプト)を求めるフィードバックはどれ?

正解は、2番

アウトプット促進型の明確化要求のことです。

 

平成30-Ⅲ問題11-問4

プロンプトについての問題です。

1番👉間違いを指摘し正しく言い直して提示するのは「明示的訂正」

2番👉さりげなく間違いを正しく言い直すのは「リキャスト」

3番👉さりげなく間違いを正しく言い直すのは「リキャスト」

4番👉文法などを説明し修正を促すのは「メタ言語フィードバック(プロンプト)」

したがって正解は、4番

 

令和1-Ⅲ問題11-問2

リキャストについての問題です。

1番👉繰り返して訂正を促すのは「繰り返し(プロンプト)」

2番👉言い直しを求めるのは「明確化要求(プロンプト)」

3番👉正しい文を途中まで示すのは「誘導(プロンプト)」

4番👉さりげなく正しい文を伝えるのは「リキャスト」

したがって正解は、4番

 

令和2-Ⅲ問題10-問2

プロンプトについての問題です。

1番👉正しい言い方を示すのはインプット誘発型。

2番👉プロンプトは正しい言い方を学習者に促し、そこで学習者が自己修正できることによって、その効果が出ます。

3番👉現在の言語能力を超えた誤りに効果的・・・ではないです。学習していないものは自己修正できません。

4番👉既習であっても正しく使えない項目に対して、プロンプトは効果的ですね!

したがって正解は、4番

 

 

 

最後に・今日のひとコマ

 

 

 

那覇・あっぷるタウン「海産物料理・市」

f:id:somutamu_musume3:20211011180156j:plain
f:id:somutamu_musume3:20211011180151j:plain

実はここ最近、毎週日曜日のランチで来ています♪

沖縄の新鮮な海鮮がいただけます!

 

先週は海鮮丼でした🐟

海鮮丼とあら煮を交互に注文しています(笑)

沖縄産のもずく&サラダもいっぱい食べれて大満足です。

 

まーさん&ごちそうさまでした!

 

www.watashinoarukikata-diary.com

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🌊

それではまた明日!

Cảm ơn mọi người đã luôn đọc hết.  Hẹn gặp lại ngày mai!

 

2021年10月